タロウ日和3

image15

タロウが膀胱炎で再入院してから4日が経過。
今日は環境面整備の為ホームセンターに買出しにいったので面会はなし。

昨日、院長先生からタロウの健康状態について大切なお話がありました。それは重度の貧血について。
保護当時から、かなりの貧血の気があったタロウですが栄養状態の改善で回復するだろうと思われていました。

しかし、貧血の度合いを数値化するのに代表的なHCT(ヘマトクリット)値が23.5から徐々に減少しているのです。
餌もかなりよく食べており回復しても良い頃合なのですが、恐らく腹水の原因とみられる消化器官内の腫瘍がこの貧血にも影響を及ぼしている可能性があるとの事。

現在のHCTは20。これは猫が健常でいられるギリギリの値だそうです。17を切ると危険水域で15を切るとガクっと調子が落ちてしまうと説明をされました。腫瘍性病変(悪性ならばいわゆる癌)と聞いた時点で覚悟はしていたけれどタロウは元気そうに見えて内側にはダメージの蓄積がかなりあるのだろう。

思い切ってタロウの寿命について聞いて見た。
「現在のHCTの減少度合いを加味すると何年くらいで厳しくなりますか?」
すると先生はかなり困った厳しい表情で
「うーーーーーーーん。そうですね。1年でもちょっと、いや大分難しい。。。というお答えになってしまいます。」

・・・・・・
・・・?

覚悟していたとはいえ、1年持たないというのはショックでした。瞬間色々想像していた事が大きく崩れました。
まずは2~3ヶ月ケージで様子見つつ先住猫と相互に慣れてもらって、半年くらいで全部の部屋を開放してその間にタロウが迷い込みそうなところは塞いで等色々と考えていた部分がポッカリ抜け落ちました。

もはや飼い主探しに時間を割いている余裕なんぞ無いのではないか?でもタロウは会えたら喜ぶのかな?どっちも並行して出来るのかな?悩ましい。でも院長先生もタロウが一番安心して暮らせる事を考えましょうと言ってくれたのでまずはそこに専念だ!

そうだな、今色々考えても事態が好転する訳ではないのでまずはやれることから。
盲目である事や、先住猫との関係等考えると前回暴れてストレスだったと思うのですがやはりケージ内になれてそこをテリトリーとして欲しい。病院の大きなケージでは問題なく過ごしているという点から、タロウ用の大きなケージを用意する事に。

ビバホームを見て、病院の115cm*55cm*55cmのケージと同じランクのケージを見たところ2万後半くらいの価格。。。もしタロウが大きめなケージでもNGな場合すぐに撤去・不要になることから大きな出費はタロウの医療費・療養食代等に回したい。また、設置予定の家の寸法がどうしても幅118cmしか入らないのでそんな中途半端なサイズのケージは売っていません。
少し調べたところ、100円ショップで材料を買ってケージを自作する事も出来るようなのでやってみようと思いました。

こうして費用、寸法の自由度等からケージを自作する事を決意。ここからはケージ自作の記録になります。
材料の買出しはダイソー。(驚く事に全ての材料がダイソーで買えました3500円ほどです。)
ワイヤーネット
結合部品(12個入り)
結合部品2(4個入りのやつ)
プラスチック板(スモーク加工)
ミニすだれ
マイクロファイバーマット
園芸用ポール
結束バンド小
結束バンド大

まずは結合部品でネットを繋ぐ上と下の2箇所。

ワイヤーネット繋いだ後はこのままだとグニャグニャと可変性のケージになってしまうので、水平を保つために園芸用ポールを結束バンドで固定。補強の為に上下の2箇所を固定しています。

途中、チャト親方の現場視察が入ります。

ひとまずこれで壁が完成。

ここまでを繰り返します。4枚1組を3枚(前・後・天井)と2枚1組を2枚(左右)。
この途中でも、チャト親方の現場視察が入ります。

続いて、天井のぶら下がり防止や目隠し用に用意したプラスチック板に穴を開けて結束バンドが通せるように加工します。
当初、穴あけパンチを使おうと思っていたのですが家にも100均にも無いので仕方なく5枚重ねてパッケージに入れて上にマジックでマーキングして電動ドリルで穴を開けました。

加工したプラ板の穴に結束バンドを通し壁と合体。これは天井部分です。

全ての壁と結束バンドを繋ぎ、目隠し板同士を繋いで天井が完成。

さていよいよ壁と壁の接続です。こんな風に繋げば距離を稼いだり縮めたり出来ます。天井を大きめに作っていないので今回は縮める事で天井が落下しないようにします。

壁の接続が完了し大分形が出来てきたら、インテリアの設置。というわけで目隠し、すだれを結束バンドで取り付けていきます。
この頃にはププ姉御の視察も入ります。

そして床材を敷き詰めて、サークル部分が完成!あとは天井の取り付けです。(トイレは後日ホームセンターで購入し床材引いてない部分に設置予定)

天井は頻繁に開閉する可能性がある可動部分なのでしっかりした結合部品を使います。

4箇所止めて、天井完成!

これで完成となります!
大体作業時間は3時間位でしょうか。(全部一人ではなく途中嫁さんと猫の手を借りてます)

チャトとププに現場のチェックをして貰いましたが、特に不満はなさそうです。うちの猫は安心しきってるせいもあって暴れないんだよなぁ。

タロウがどんな反応を示すか密かに楽しみです。ただ、やはり大きくてもケージが不満な様でしたらすぐに撤去し、部屋を開放。バラした部品で部屋の危険な所を塞ぐ方向に切り替えるつもりです。